ビットコインは炭鉱のカナリアとなりうるのか?

ビットコインの低迷が続いています。中々浮上する気配がでてきません。2018年4月の時点で6000ドル台中盤まで低迷しています。一時は20000ドルを超えるところまで上昇していたのですからその集落ぶりはすさまじいです。こちらのドル建てチャートを見ていただくとその様子がよくわかります。このように一発天井を形成してしまったチャートは残念ながら元の値段まで低迷することの方が多いです。元の価格がどこかはよくわかりませんが、振り出しまで戻る可能性あり、と考えておくべきでしょう。短期売買を除き、安くなっやから買いという考えには賛同できません。

さて、ビットコインと株式市場は理論的には何の相関性もありません。しかし、市場とは心理戦であり思惑で動きます。ビットコインの動きはある意味2017年の相場を象徴しています。バブル天井を形成する過程だったとみておくべきでしょう。主要国の株式市場は2018年1月まで上昇が続きました。その後は一転して弱い展開になっています。約2か月遅れで天井を形成しています。もちろんこれだけで株式市場が天井を形成したとは言い難いところですが、この何の関連もなさそうに見えるビットコインと株式市場において、ビットコインが炭鉱のカナリアとなりうる可能性も少しは考えてみるべきでしょう。

提供は Investing.com

関連記事

  1. 2019年前半の世界の株式相場は弱気が支配する可能性がありま…

  2. アメリカ株式市場と日本株式市場の概況と展望(2018年5月1…

  3. 日本株トレードでもアメリカ株式市場は必ずウォッチ!

  4. 2018年8月14日の日本株、自立反発を見せたが……

  5. 2018年1~3月期のマイナス成長、しかし物価は上昇。日本経…

  6. IMF、モルガン・スタンレーが相次ぎリスク資産相場ついて警鐘…

ブログ一覧
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status