こんなに違う、2019年相場展望、アナリストとファンドマネージャー、立場の違いは明確

アナリストは机上の空論と希望的観測を述べる人、一方ファンドマネージャーは相場の局面の転換に敏感な人たち

以前の記事でも述べましたが、アナリストとは自分で投資資金を運用している投資やトレードのプロではありません。アナリストとは基本的にこれまでの延長線上で物ごとを考える人たちです。しかも、アナリストの中で自分でプロとしてファンドを運用している人は恐らく相当少ないです。アナリストとはメディアに自分達の予想をあげて収入をあげる人たちで、結果はそれほど厳格に問われません。投資やトレードで飯を食っている人ではありません。何事にも転換点があるということをあまり理解していません。転換点についは後付けで述べるだけです。とどのつまりは、結果をさほど問われないという意味で予想は自分の飯のタネの本質ではないので、あまり真剣ではありません。

一方、資金を運用しなければならない人達、つまりファンドマネージャーが考えることは机上の空論ではありません。希望的観測でもありません。そんなことをしていたら即退場確定です。世の中そんなに甘くはありません。ファンドマネージャーは真剣そのものです。アナリスト的な姿勢で相場に臨んでいるようであればファンドマネージャーの明日はありません。こちらにこの対称的な姿勢の違いが際立っている記事を掲載します。

2019年アナリスト予想の中央値、アナリストはいまだに能天気?

アナリストとは、プロとしての実戦経験はないのに実戦を予想する人達です。予想が外れても自分の懐が痛むことはほぼありません。そういう人達の見通しがこちらです。

日経平均株価は2019年6月までに「2万7500円」に!アナリスト101人の予測では、米国の中間選挙などで株価が下落しやすい2018年秋が
日経平均株価の2018年7月以降の「高値」「安値」を、投資のプロ100人が予測!好調決算をよそに日本株は乱高下。2018年後半はどうなる? そこで6月21日発売のダイヤモンド・ザイ8月号は「人気の株500激辛診断&2018年後半の勝ち戦略」を特集! 投資のプロ100人による日経平均株価の「高値」「安値」予測に加え、年後半の勝ち戦略を大公開。お馴染みの人気株500の激辛診断では、2019年3月期の最新予想を分析している。今回はその中から、「2018年7月からの日経平均高値&安値予想」を抜粋して紹介しよう!

こちらは2019年のNYダウ平均に関する予想です。こちらも強気予想が目立ちます。

NYダウは2019年に2万6500ドル超で最高値更新か!?2019年春に調整局面はあるも、インフラ投資の拡大や利上げ終了で年後半に
NYダウ(ダウ工業株価平均指数)の2019年の見通しを専門家が予想! NYダウ採用銘柄で「買い」の4銘柄も併せて紹介! 12月21日発売のダイヤモンド・ザイ2019年2月号は、年末年始の恒例企画「2019年『株』大予測&儲け方」を大特集! 投資のプロ100人が日経平均株価、マザーズ指数、NYダウなどの主な株価指数やドル円、ユーロ円などの為替レートの値動きを大予測しているほか、2019年に投資で儲けるための「勝ち戦略」&株価が上がる株や投資信託を掲載している。今回はその中の「米国株の2019年の要点は?」から「2019年のNYダウ予想」についての記事を抜粋して紹介しよう!

現役ファンドマネージャーの2019年相場に関する見解

現役のファンドマネージャーは当然プロとして資金を運用しています。他人様から資金を預かり運用するのですから真剣そのものです。失敗は許されません。2019年については厳しい展開を覚悟しなければならないと言っています。

来年は逆金融相場か!?資産と負債の両建て経済の終えんで2019年は資産防衛の年に | トウシル 楽天証券の投資情報メディア
「史上最少の一般参加者による史上最大の資産バブル」が静かな崩壊を見せ始めている。米銀行は表面上、強気を装いながら裏では高リスク融資をこっそり縮小し、不景気対策に備えている。これまで多くの投資家が株式、債券(最近発行されたアルゼンチンの100年物B級債をはじめとするジャンク債や高格付の政府機関債)、未公開株ファンド、ETF(上場投資信託)、コモディティ、不動産(高級住宅・商業施設)、収集品、美術品、硬貨、仮想通貨などを所有して、バブル相場でリスクを取ってきた。だが、ゴルディロックス(適温)相場も大きな転機を迎えたようだ。

自分のお金を投資やトレードにつぎ込んでいるのかどうか、その違いは明確に出ています。

どちらが正しいか、それは誰にも分らず、結果でしか判断できません

ファンドマネージャーだって一様ではなく間違う人も多くいます。アナリストだって高精度で見解を述べる人もいます。色々な見解や立場が存在し、その立場に立脚した判断をするのが人間の性(サガ)です。決め手は誰が事実に基づいた確度の高い見通しを持っているかということにつきます。希望的観測を極力排除した客観的な目が必要です。

世界の景気後退、社債市場最大の懸念に突如浮上-BofAメリル調査
世界的なリセッション(景気後退)はクレジット投資家が最も心配するリスクに浮上した。欧州の資産運用者を対象としたバンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチの最新の調査で明らかになった。
コラム:高まる世界成長懸念、株式アナリストも不吉な分析
[ロンドン 20日 ロイター BREAKINGVIEWS] – 世界的な成長鈍化を警告するシグナルが増えているが、今度は株式アナリストから悲観的な分析が飛び出し…
景気「緩やかに回復」、企業収益・生産を下方修正=月例経済報告
政府は21日、2月月例経済報告を発表し、景気は「緩やかに回復している」との判断を14カ月連続で踏襲した。個別項目では、企業収益と生産を下方修正した。海外経済は先…
ジム・ロジャーズ「30年後の日本大変なことに」 | 投資
私はつねに、歴史の流れを踏まえながら、数年先を見るようにしている。歴史の流れは、先を読む力、とりわけお金がどう動くかという未来を教えてくれる。成功したければ、将来を予測しなければならない。投資家だけ…
米中貿易協議、両国が恐れる首脳の早期譲歩
中国の習国家主席とトランプ米大統領は共通の問題を抱えている。それは、米中貿易協議で相手側に屈してしまうという懸念が国内で深まっていることだ。

関連記事

  1. 米10年債利回り3%を突破、おぞましい?

  2. 米債券市場は景気の転換点を示唆 – 嵐の前触れか…

  3. 米国債10年債金利上昇とNYダウ平均の下落

  4. ビットコインは炭鉱のカナリアとなりうるのか?

  5. 弱気入り相場目前の米株市場

  6. 2018年8月14日の日本株、自立反発を見せたが……

ブログ一覧
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status